0

予選落ちGACKTに対し、一流の芸を見せつけた出川哲朗in『スタジオパーク』

2011年7月19日 08時00分 (2011年8月8日 07時51分 更新)

出川哲朗公式ブログより

[拡大写真]

 今回ツッコませていただくのは、出川哲朗が出演した7月13日分と、GACKTが出演した7月15日放送分の『スタジオパークからこんにちは』(NHK)。

 GACKTといえば、体脂肪率5%をキープというストイックさや、生身感の少ない人形のようなルックス、部屋の中に滝と噴水がある話などなど、どこをどう切り取っても面白い素材のはず。にもかかわらず、驚いたのは、『スタジオパーク~』では、「毎年、上越で謙信公祭に行っている」というエピソード以外一つも面白くなかったこと! ボソボソ真面目トークが続き、ただただ印象に残ったのは、真っ白すぎる歯とキラキラすぎる目のみである。

 ところが、「予選落ち」芸能人・出川のほうは、国会中継によって放送が2回も流れ、延期になるというオイシイ展開からスタート。

 続いて、NHKの番組『大!天才テレビくん』司会者を出川が務めることに対して、青山祐子アナがプレゼントの箱を渡す場面があったのだが、フタを開けると......。

「これ、何ですか????」(出川)
「......なんでしょう(笑)。ちょっとひっかかっちゃって......(笑)」(青山アナ)

 なんと箱の中身は、バネのついたボールが飛び出すはずの「びっくり箱」! なんともアナログで、ショボいドッキリ企画で、しかも、よりによって不発とは......。

 「生リアクションを拝見できて光栄です(笑)」と青山アナは言っていたが、肝心な場面で得意のリアクションもとらせてもらえない展開とは、やはり出川には笑いの神がついているとしか思えない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!