0

あの人気ゲームの舞台裏で声優同士の因縁バトル勃発!?

2011年9月28日 22時00分 (2011年10月6日 21時49分 更新)
 今年で発売15周年を迎える人気ゲーム『サクラ大戦』。ゲームのみならず舞台、アニメ、映画などのメディアミックスを展開し、声優が自らキャラクターを演じる舞台版は特に好評を博しており、10月7日にはライブイベント『サクラ大戦 武道館ライブ2 ~帝都・巴里・紐育~』が東京・日本武道館で開催される。

 ところが、その舞台裏で巻き起こっているヒロイン声優同士の確執が突如として明らかになり、ファンを困惑させている。

 主人公・真宮寺さくら役を務める横山智佐(41)が自身のメルマガで、武道館公演で久々に復帰する共演者と「顔合わせの日に目も合わさない」という関係だと告白。確執の原因は、5年前の10周年公演にさかのぼる。横山は「歌謡ショウファイナル10周年公演に、体調不良のため出演しなかった方が、武道館に出演します」「体調不良を訴え新春公演を降りた翌月、彼女は別の舞台に出演していました。体調不良が方便なら本当のところは何だったのか、真相は薮の中です」と記し、その共演者の存在を快く思っていないことを表明。さらに「武道館ライブに際し、この事態に数人の花組さん(※出演者)と『気持ちはよくないね』と話しました」とも書かれており、横山以外のメンバーからも不満の声が上がっていることを示唆している。

 その出演者について、横山は「(降板した件で)まるで私たちが加害者にされているようです」として、相手がメンバーのイジメによって降板したかのように周囲に言いふらしているのではないかとまで言及している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!