0

「実は心不全だった……」電流爆破後に緊急入院の曙 レスラー引退危機に

2012年9月12日 10時00分 (2012年9月18日 08時01分 更新)

全日本プロレス 公式サイトより

 大相撲の元横綱で現在はプロレスラーの曙が先月、急性肺炎のため緊急入院していたことが発覚。2カ月ほどの休業が必要と発表されたが、実際にはさらに深刻な状態で、病院に搬送時は心不全と診断されていたという。

 曙は先月26日、元参議院議員の大仁田厚と「ノーロープ有刺鉄線バリケードマットダブルヘル・メガトン電流爆破デスマッチ」を戦い、これに勝利。電流爆破デスマッチを初体験し、プロレスラーとしての階段をまた一つ上ったばかりだったが、悲劇に見舞われてしまった。

 プロレス関係者は「試合後の30日、体調不良を訴えた曙は救急搬送されました。発表では急性肺炎ということになっていますが、本当は心不全の症状だったんです。おなかに水がたまって、危ない状態だったと聞いています。命に別条はないようですが……」と衝撃の事実を明かした。

 曙のあの巨体を見れば、心臓に大きな負担がかかることは一目瞭然だが、最近は暴飲暴食がたたって、さらに巨大化していたという。あるプロレスラーは「テレビ番組で曙の元付き人が、飲み屋で一晩1,000万円使ったと暴露していたように、曙はかなりの量を食べるし、酒を飲む量も半端じゃない。一晩で100杯近くのビールを飲んだという伝説もあります。一時はダイエットに励んでいたのですが、この夏だけで数十キロもリバウンドしてしまったそうです」と証言する。

 関係者の話を総合すると、デスマッチの直後に心不全では「シャレにならん」ということで急性肺炎と発表したようだが、このままプロレスも引退するという見方が強まっている。

「もはや曙が危険水域に達していることは、みんな分かっている。試合ができる状態に復活するかも分からない。今後のことを考えると、引退という選択が濃厚でしょう」(同)

 曙にとって、先日のデスマッチが文字通り、最後の打ち上げ花火ということになってしまうのか。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!