0

「一度だけ皆の前で号泣した」。HKT48・田島芽瑠が生誕祭を終えて心中を告白。

2013年1月9日 15時00分
HKT48田島芽瑠が1月7日に行われた生誕祭を終えた心境をGoogle+(通称、ぐぐたす)で綴っている。彼女は解禁になったばかりのHKT48のぐぐたすで、これまで言えずに抱えていた悩みも明かしており、ファンから応援するコメントも届いた。

HKT48第2期研究生の田島芽瑠は、総合プロデューサーの秋元康がオーディションの最終選考で「第2の松井珠理奈」と高く評価して話題となった。昨年の12月にリリースされたAKB48のシングル「永遠プレッシャー」のカップリング曲「初恋バタフライ」はHKT48にとって初のオリジナル曲でもある。彼女は研究生ながらも、そのセンターに抜擢されたのだ。

一躍注目を集めた田島は、新年の1月7日で13歳となった。その誕生日に『HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演 田島芽瑠生誕祭』が開催されて豪華な花束が贈られ、ファンやメンバーから祝福されたのである。『田島芽瑠 Google+』で彼女は「公演では、嬉し涙を笑顔に変えて最高の笑顔を届ける!! と決めていました」とその生誕祭を振り返っている。

だが、公演後に自宅でぐぐたすを見ながら泣いたという彼女は、「人見知りはしないけれど、相談も出来ない性格で一人でため込んでしまっていました」と綴っており、これまでいろいろな悩みを抱えていたようなのだ。また、「一回だけ皆の前で号泣してしまって。その時何で泣いたのか今でもわかりません」とも明かしている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「一度だけ皆の前で号泣した」。HKT48・田島芽瑠が生誕祭を終えて心中を告白。」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!