0

“メーク時間13分、洋服は主に西友で”。本当の壇蜜を私達は知らない。

2013年1月26日 20時00分
女性芸能人のナチュラルメーク、実はかなり時間と手間がかかっている場合が多い。一見派手だと思われるメークの方が、短時間で仕上がっていることもある。そこである番組で、20代から40代まであまり化粧が濃くないイメージのある女性芸能人のメーク時間を調べてみた。

1月24日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の“ピッタンコチョイス+”では、5人の女性芸能人がすっぴんからメーク完了までの様子を紹介。クイズ回答者はそのメーク時間を予想するというものだ。

参加者はモデルの西田有沙(20)、タレントの浜口順子(27)、グラビアアイドル壇蜜(32)、お笑い芸人森三中村上知子(33)そしてタレントのさとう珠緒(40)である。

まず20代は色物化粧品といわれるアイシャドウやチーク、口紅に凝るためか、メーク時間が結構長い。西田が29分、浜口はなんと61分であった。さとうの素顔は、40歳にしては肌がキレイで可愛らしい。しかし肌が乾燥しているので、念入りな下地作りが必要。その作業に時間を要し、メーク時間は36分だった。

クイズ回答者が大きくハズしたのは壇蜜である。30分以上かかるだろうと思われていたが、たったの13分。村上の15分よりさらに短時間だったのだ。

壇蜜以外の女性芸能人は化粧を楽しんでいて、ヘアを担当していたスタッフともよくお喋りしていた。だが壇蜜はほぼ無言で黙々と化粧を進める。雑では無いが、どうも早く終わらせようとしているのだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「“メーク時間13分、洋服は主に西友で”。本当の壇蜜を私達は知らない。」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!