0

SUPER JUNIORや2NE1も! K-POPとキリスト教サークルの実態

2013年2月13日 09時00分 (2013年2月20日 12時51分 更新)

 今年1月26日、K-POP史上初となる現役アイドルの結婚式が執り行われた。結婚したのは、Wonder Girlsのリーダーのソネ。23歳という年齢かつ現役女性アイドル、しかも妊娠していない状態での結婚は韓国中を驚かせた。お相手は、5歳年上でカナダ系韓国人のキリスト教宣教師。2010年にソネが教会の仲間と共に、ハイチに宣教活動に行った際、同じく現地で宣教師として活動していた彼と出会ったことがきっかけで、交際がスタートした。かなり熱心なクリスチャンとして知られるソネと、宣教師の彼。まさに信仰が結びつけたカップルといえる。

「日本は宗教への信仰に対する概念が、外国に比べると希薄な国ですが、韓国は非常に信仰が熱心で、特にプロテスタント系のキリスト教会を街の至るところで見かけます。夜、ネオンに彩られた十字架が建物に屋根に浮かんでいるのが見えますが、それらはすべて教会です。これだけ宗教が浸透していれば、当然ながら自分の信仰を持っている芸能人は少なくありません。イ・ビョンホン、チョン・ジヒョン、ソン・ヘギョ、ムン・グニョンなど仏教徒で有名な芸能人もいることはいますが、やはり韓国芸能人で宗教を信仰している人の大半が、プロテスタント系キリスト教です」(韓流ライター)

 信仰熱心なあまり、教会礼拝を優先してしまい、ドラマの撮影をドタキャンした女優のハン・ヘジンや、クランクイン前のヒット祈願の儀式で、共演の大御所俳優が祭壇の前で膝をついて拝礼しているのにもかかわらず、1人立ってお辞儀だけしているユン・ウネなど、信仰の厚さが逆に反感を買うような事態になっている者もいるが、その信仰心の強さは日本人から見ると驚くばかりだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!