0

ドラマそのままのキャラをCMで使うのはアリ!? 広告主「たまたま重なっただけ」

2013年10月3日 11時00分 (2013年10月11日 08時51分 更新)

 この夏、役所広司出演でおなじみの「大和ハウス」CMに、古田新太塩見三省尾美としのりが登場。この顔ぶれは『あまちゃん』(NHK)の太巻、勉さん、正宗だということから、お茶の間では「じぇじぇじぇ!」「狙いすぎ!」「あざとい!」と話題になっていた。

 また、トヨタの車のCMには、『半沢直樹』(TBS系)主演の堺雅人と半沢の父親を演じた鶴瓶、『Woman』(日本テレビ系)主演の満島ひかり、『斉藤さん2』(同)主演の観月ありさが勢ぞろいしている。さらに、そこにやってくるのは、秋ドラマ主演のキムタクだ。

 また、「味の素CookDo」CMには、深夜ドラマ『孤独のグルメ』(テレビ東京系)の井之頭五郎にしか見えない松重豊が出演中。「植物性乳酸菌ラブレ」シリーズCMでは、松田龍平が吸血鬼に扮してショートヘアの女性にかみつき、「鉄分うすっ」と言うが、それもやっぱり『あまちゃん』の水口っぽさがある。

 まるで、ドラマの役柄で登場しているかのように見えるCMが増えているけど、許可関係などはどうなっているのだろうか?

 まずは夏ドラマ主演者勢揃いの理由について、トヨタマーケティングジャパンに聞いてみたところ、以下の回答があった。

「弊社『TOYOTOWN』シリーズは、ご指摘のドラマが放映された数カ月前より企画進行していたものです。よって、ドラマとの関連は想定しておらず、まったくの偶然です。起用の理由もほかのCM同様、企画にふさわしい方かどうかで選ばせていただいております」

 ホント!? ただでさえ豪華すぎる顔ぶれで驚きなのに……。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!