0

“バカ殿”志村けんも舞台緊張、9年目を迎えた「志村魂」公演スタート。

2014年7月10日 07時13分
今年で9年目を迎える志村けん一座の公演「志村魂~一姫二太郎三かぼちゃ~」が、7月10日(木)より、東京・天王洲 銀河劇場にて上演される。その前日となる7月9日に、囲み取材&公開舞台稽古が行われた。

2006年の旗揚げ以来、志村けんがライフワークとして毎年挑み続けている舞台「志村魂」。第1幕ではテレビでもおなじみの「バカ殿様」と、一座の魅力が爆発するコントライブの数々を届ける。

そして、雰囲気をガラリと変えた第2幕では、恒例となった志村による津軽三味線の生演奏と、松竹新喜劇の芝居「一姫二太郎三かぼちゃ」を披露。志村座長の普段とは違う真剣な表情をたっぷりと見ることができる。

出演は、ダチョウ倶楽部磯山さやか、みひろ、池田夏希(初参加)、桑野信義に加えて、昨年、一昨年と約20年ぶりに志村との共演を果たした、いしのようこが今年も参戦している。

各出演者のコメントは次の通り。

志村けん

こう見えて、僕たち緊張してるんですよ、(バカ殿様のメイクで)顔白くてわからないと思うんですけど、顔真っ赤なんですよ(爆笑)。(初の明治座公演について)客席が多くて大きいよね、入んのかなあ……初めての劇場でやるのはいつも楽しみなんだよね。明日から志村魂初日! 全員でがんばるので、皆さん、生(ナマ)の舞台で笑いに来てください!

いしのようこ
(3年連続の出演について)まさか、毎年志村さんと顔合わせることになるとは思ってなかったんですけどねえ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「“バカ殿”志村けんも舞台緊張、9年目を迎えた「志村魂」公演スタート。」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!