0

小林麻耶への嫉妬を燃やす西川史子。直接対決で太刀打ちできず涙する。

2014年11月10日 16時25分

西川史子も戦意喪失 小林麻耶のぶりっ子キャラ

[拡大写真]

医師でタレントの西川史子が、フリーアナウンサーの小林麻耶バラエティ番組で共演。ぶりっ子な小林を見て、ずっと妬んでいたことを明かす西川だったが、どこまでも続くぶりっ子キャラに太刀打ちできなかった。ついには共演していた芸人からの茶々に耐え切れず涙を流すこととなる。

西川史子は医大生だった25歳の頃に、明石家さんまがMCを務めた恋愛トークバラエティ番組『恋のから騒ぎ』(2011年3月に終了)に出演していた。彼女が番組を卒業した4年後に、当時21歳だった小林麻耶が出演してぶりっ子キャラで人気となる。西川は今年の4月にさんまが司会する特番でその小林麻耶と共演。小林本人の前で、『から騒ぎ』時代は「見ていて苦々しかった」と不快に感じたと口にしている。

今では西川史子が43歳で小林麻耶が35歳となり、当時のわだかまりも癒えたかと思われたが、11月9日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で西川史子小林麻耶に対する妬みを赤裸々に語り、さらに小林本人が登場して西川に対する思いを明かすこととなった。

西川は『から騒ぎ』のひな壇の座り方を「1列目はかわいい子、3列目はキャラクターが面白い人、2列目はどっちでもない人」と説明。自分は2列目だったが、小林麻耶は1列目で「期待されていて、それも腹が立つ」という。テレビで小林を見ながら“なに、このぶりっ子。芸能界に行きたいオーラがプンプンしていてムカつく”とその頃から嫉妬していたのだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「小林麻耶への嫉妬を燃やす西川史子。直接対決で太刀打ちできず涙する。」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!