0

日テレ“アナ採用”内定取り消しで、銀座ホステスたちに聞いた話が深すぎる!

2014年11月26日 06時00分
銀座で勤めた過去を理由に、女子アナ内定を取り消された女子大生が訴訟を起こし話題となった。そこでこの騒動について、女子アナの経歴として“傷モノ”扱いされた銀座のホステスたちにホンネを聞くべく直撃! テレビ局への怒りが爆発かと思いきや、意外な意見も? 一部“深読み”しすぎな気もするが、その肉声をお伝えしよう。

 *  *  *

来年4月に日本テレビに入社する予定だった東洋英和女学院大学のSさん。11月14日、彼女は“内定取り消し”を不当として日本テレビを相手に訴訟を起こし、現在「地位確認(=内定取り消しの無効)」を請求中だ。

女子アナウオッチャーのT氏がこう説明する。

「Sさんは“ミス東洋英和2011”にも輝き、小倉智昭キャスターが『学生でこんなに輝いているんだから、女子アナになって磨いたらとんでもないことになる』と絶賛したほどの逸材で、僕らの間でも期待の新人候補だったんです。内定取り消しは過去に地方局ではありましたが、今回は日本テレビというだけあって世間の注目度は高いですね」

報道によると、今年3月、Sさんが自ら“過去に銀座のクラブでホステスのアルバイトをしていた”ことを人事担当者に相談したところ、「高度の清廉性を求められるアナウンサーにふさわしくない」という理由で“内定辞退”を勧められたという。それを拒否すると、人事部長の名で内定を取り消す書面がSさんの元に届いた。

彼女の内定取り消しや、その後の行動について、銀座のホステスたちはどう感じたのか。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「日テレ“アナ採用”内定取り消しで、銀座ホステスたちに聞いた話が深すぎる!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!