0

劇団マツモトカズミ『新・幕末純情伝』、即完につき追加公演決定!

2014年12月15日 11時00分
来年1月7日(水)~11日(日)にかけて新国立劇場で上演される、gmk produce(劇団マツモトカズミ)による舞台『新・幕末純情伝』のチケットが即日完売となり、このたび追加公演が決定した。

<写真左から:山崎裕太春川恭亮劇団EXILE)/多和田秀弥/西平風香/武田恭平小澤雄太劇団EXILE)/石塚義之アリtoキリギリス)>

戦後の演劇界に一時代を築いた"演劇界の風雲児"こと、つかこうへいの代表作でもある『新・幕末純情伝』は、幕末の京都を舞台に「新撰組の沖田総司が実は女性だった」というユニークな着想をもとに展開される、幕末エンターテインメントだ。

同舞台はこれまで幾度となく上演され続けてきた有名作品だが、今回はドラマ/舞台を中心に活動している期待の新人・西平風香が沖田総司役に抜擢。そして坂本龍馬を「舞台タンブリング」での熱演が印象的な武田航平が、土方歳三を"テニミュ"での好演が記憶に新しい多和田秀弥が演じ、そこに<劇団EXILE>の小澤雄太春川恭亮、さらに実力派俳優・山崎裕太らが加わり、熱い"幕末恋物語"が展開される。

脇を固めるのは、小沼将太小谷昌太郎宮川浩明石塚義之アリtoキリギリス)ら。また、演出を川本淳市、主宰・総合演出を松本和巳(劇団マツモトカズミ)が、プロデューサーを西村信吾(PIPELINE PROJECT)がそれぞれ務める。

そんな『新・幕末純情伝』だが、8公演すべてのチケットが即日完売となったことを受け、このたび1月7日(水)13:00~(予定)に公開ゲネプロ、1月8日(木)に13:00~に追加公演を行うことが決定した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「劇団マツモトカズミ『新・幕末純情伝』、即完につき追加公演決定!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!