0

「ひらめきの天才」綾瀬はるかが福士蒼汰、玉木宏、陣内貴美子につけた“珍名”

2015年1月21日 09時59分

 昨年10月クールの主演ドラマ「きょうは会社休みます。」(日本テレビ系)が高視聴率で終わった綾瀬はるか(29)。ヒロインのこじらせ女子のキャラに綾瀬の天然ボケキャラがピタリとハマり、評判も上々だった。

 収録現場では、綾瀬が率先して場を和ませていたという。

「綾瀬は共演者にあだ名をつけるのが大好きなんです。親しく呼び合うことができれば連帯感も高まるというもの。もっとも綾瀬のあだ名はほっこりするのは確かなんですが、どこをどうやったらそうなるのか、首をかしげるような珍名揃いなんです」(テレビ誌記者)

 綾瀬は年下の彼氏役で初共演した福士蒼汰に、開口一番「福士くんって積み木に似てるね」と発言。福士の目を点にした。収録2日目には、綾瀬は跳び蹴りをお見舞いしたという。イケメン俳優ながら綾瀬に負けず劣らずのボケっぷりの福士は、「それだけ打ち解けてくれたのか」と大感激したそうだ。そんな福士につけたあだ名は時代劇風の「お福」だった。

 一方、11年前の映画「雨鱒の川」で初共演し、翌年リメイクされたドラマ「赤い運命」で再共演。7年前の連続ドラマ「鹿男あをによし」で3度目の共演をし、「きょうは──」が4度目の共演となったイケメン俳優の玉木宏とは、気心も知れた仲。

「年上の玉木をまるで猫のようなあだ名『お玉』と呼んでいた。そのうち綾瀬は何にでも『チン』をつけるようになり『玉チン』に変化。ドラマが中盤に入ると、何と『お玉チン』と呼んでいました」

 本名も玉木宏ながら、学生時代でも誰にも呼ばれたことのない珍名に、玉木は当惑しきりだった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「ひらめきの天才」綾瀬はるかが福士蒼汰、玉木宏、陣内貴美子につけた“珍名”」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!