0

押尾学のインスタに見る、さもしい交友関係と哀れな姿

2015年9月13日 09時00分

 2009年に起きた薬物事件により、芸能界を引退した元俳優・押尾学(37)。昨年12月に仮釈放され、今年4月には自身のInstagramを開設。8月に美女との路チュー現場を週刊誌にスッパ抜かれた際、「芸能界はやめるって。ぶっちゃけ、けっこう儲かってる。何をやってるかは言えないけど、芸能界の頃より全然儲かってるよ」と語っていた通り、彼のインスタには、事件前と同じようなに派手な生活を送る姿が投稿されている。

 しかし、事件を機に変わったところもある。現在頻繁に遊んでいるのは、ギャル雑誌『nuts』(ネコ・パブリッシング)のモデル・峯村優衣(24)や、『egg』(大洋図書)の元モデル・佐野真依子(27)など、若くて小麦肌の女性。逮捕前の押尾といえば、女性向け下着通販会社「ピーチ・ジョン」元社長・野口美香(50)に気に入られ、野口周辺のヒルズ族らと夜な夜な飲み歩く姿が目撃されていたが、彼女たちの姿は見当たらない。それどころか、開設して5カ月が経つにも関わらず、お互いにフォローさえしていないのだ。

 一説では、「野口は押尾の友人ではなくタニマチだった」とも言われている。しかし、事件現場となったのは、野口が押尾に貸していたマンションの一室。事件後は、同室に身を隠していたことも明らかになっている。さらに、当時の野口のブログには「学の顔は、本当によく出来ているなぁ」という言葉とともに、押尾のライブリハに出向いた様子を書いていた(ブログは既に削除されている)。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「押尾学のインスタに見る、さもしい交友関係と哀れな姿」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!