0

ベッキーよりも悲惨? 突然、人気が低迷した女性芸能人3名!!

2015年9月17日 09時00分 (2015年9月20日 07時29分 更新)
芹那

 一時はバラエティ番組に頻繁に出演していた芹那だが、最近はテレビ出演がめっきり減った。このことについて、ネット上ではテレビ業界を干されたという噂が立っている。その理由として、芹那が番組内で芸人に口説かれたという話をしきりにしたことや、小池徹平をはじめとする男性芸能人との熱愛報道が続いたことから、制作・視聴者の両側に悪印象を与えてしまったのが原因ではないかといわれている。一方で芹那はというと、「叩かれるのも人気の証拠」とポジティブにとらえている様子だ。

久本雅美

 かつては「好きなタレント調査」(NHK)において、3年連続で女性部門1位を記録。オリコンが発表した『NHK紅白歌合戦』の司会希望調査においても上位にランキングされるなど、お茶の間の人気者として活躍していた久本雅美だったが、15年に発表された「女性が選んだ! 嫌いな女性芸能人ランキング」(週刊女性)では4位に選ばれている。理由としては、大久保佳代子をはじめ多くの女性芸能人が出てきたことによるもの以外に、創価学会会員としての活動が影響したのではないかと囁かれている。

 層が厚い芸能界において人気を維持することは並大抵のことではないだろうが、ゴシップや下からの突き上げに負けず、今後も我々を楽しませてほしい。

※イメージ画像:ベッキー『心の星』EMIミュージックジャパン

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!