0

“有村架純の姉”の新井ゆうこ。バッシングが依然収まらないそのワケとは?

2016年2月20日 09時31分 (2016年4月26日 16時12分 更新)
“B級グラドルの姉”ポジションからの脱却なるか

 昨年5月に “有村架純の姉”であることが発覚して以降、ネットを中心に売名疑惑が囁かれ続けているグラドル新井ゆうこ。広瀬姉妹にしろ、道端姉妹にしろ、浅田姉妹にしろ、姉妹で芸能界(メディア)で活躍中のケースなんてのはいくらでもあるわけで、なぜ、彼女だけがここまで叩かれなければならないか違和感を覚える者も少なからずいるようだが、やはり、それなりに理由があるようで……。
「単純に一番の理由は、あまりに妹の有村がビッグすぎるからでしょう。広瀬姉妹のように双方の仕事の格差がなければ売名などと言われることもなかったはずで、かたや押しも押されもしないトップ若手女優、かたやB級グラビアアイドルとなれば、なにかと言われるのも当然の話。さらに、これが姉と妹が逆であれば、まだ反感は少なかったかもしれませんが、“妹の力に頼る姉”と見える構図がよけいに世間の反発を招いたものと思われます。新井の顔が有村に比べていまいち地味めなのも、叩かれる格好の要因といえるでしょうね(笑)」(芸能ライター)
 とはいえ、そもそも新井自身、有村の姉であることを公表しようと思ったことはないといわれる。昨年出演した番組でも「自分自身の力で売れたかった。地道に活動してきたので、妹の名前を利用したと思われるのがイヤだった」と答えており、公表のキッカケとなった『東スポ』の記事は彼女にとっては完全に不本意だったことがうかがわれる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!