0

江口洋介の「隠密行動」に森高千里が取った過激な行動

2016年5月12日 11時30分 (2016年5月14日 17時06分 更新)

歌手の森高千里(47)と、女優の篠原涼子(42)の間に新たな因縁が生まれそうだ。


発端は、4月28日発売された週刊誌『女性セブン』内で、篠原と森高の夫である江口洋介(48)の怪しいデートが報じられたためだ。


「『女性セブン』によると、最近のある夜、篠原と江口が二人きりで、都内の高級焼き肉店から、隠れ家風レストランへと、深夜のはしごをしたというのです。レストランでは個室のソファに隣り合って密着して座っていたとか。40代の中年の男女が人目を避けて会うのは普通はありえないことから、恋愛感情が起きていたと考えてもおかしくないと言えます」(芸能記者)


両者は、昨年10~12月に放送された篠原主演ドラマ『オトナ女子』(フジテレビ系)で約10年ぶりに共演し、親しくなったのだという。


「『オトナ女子』は視聴率一桁続きとふるわなかったことから、自然と飲みにいく機会が増えたようです」(同)


篠原は、夫が市村正親(67)で2児の母親だ。そんな篠原に対して怒りを隠さないのが、1999年に江口と結婚し、同じく1男1女の母でもある森高だ。


「今回のデート報道後、森高は江口に詰め寄ったといいます。その際に江口は『二度と誤解を招くような行動はしないで!』と説教されたらしく、すっかりしょげかえっていたとか。森高は、故郷の熊本が地震による被害で大変なだけに、より一層怒っているようです」(芸能事務所幹部)


森高は、結婚してから芸能活動を縮小していたが、デビュー25周年を迎えた2012年ごろから徐々に仕事を再開し始めている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!