0

嵐のチケット転売で1000万円?逮捕された容疑者の意外な素顔

2016年9月20日 12時08分

 ジャニーズ内で「最もコンサートチケットが入手困難」と言われるほどの人気を誇る嵐。それゆえ、チケットを巡るトラブルは後を絶たない。先日も香川県に住む25歳の女性が、嵐のコンサートチケットを転売したとして、古物営業法違反の疑いで警察に逮捕されたばかりだ。

 逮捕された山中いづみ容疑者(25)は2年前からチケットの転売を繰り返し、1000万円以上を売り上げていた。2015年11月~12月、転売サイトで札幌市内の3人にチケット5枚を計7万円で売った疑いが持たれている。定価の1.6倍にあたる悪質な金額だといい、北海道警札幌中央署は余罪について調べる方針だ。

「よくあるチケットのトラブルは『チケットを売る』と偽って金銭を騙し取るケース。通常は詐欺容疑での逮捕となりますが、今回は古物営業法違反(無許可営業)。『古物』にあたるチケットの転売は公安委員会の許可を得なければならないため、捜査の手が及んだのでしょう」(ジャニーズに詳しいライター)

 手口としては、チケット交換サイトを用いるのが常套手段だ。

■転売で得た資金でブリーダーを開始か

「“交換”という名目で送られてきたチケットを、勝手に転売サイトで高く販売していたようです。交換した側は自分のチケットが高値で売られていると知らないので、ジャニーズコンサート事務局側の調査で個人情報が発覚した場合は“ブラックリスト入り”になっているかもしれません」(前出・ライター)

 一部報道によると、香川県でブリーダーの仕事をしていたという山中容疑者。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「嵐のチケット転売で1000万円?逮捕された容疑者の意外な素顔」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!