0

安室奈美恵、両極のアプローチで魅せる最新作『Dear Diary / Fighter』

2016年10月27日 19時08分

10月26日に発売となった安室奈美恵の両A面シングル『Dear Diary / Fighter』。

「Dear Diary」は、10月29日(土)より全国公開の映画『デスノート Light up the NEW world』の主題歌、そして「Fighter」は、同作の劇中歌であるほか、Huluオリジナルドラマ「デスノートNEW GENERATION」の主題歌に起用されている。「Dear Diary」は、映画タイトルでもある“Light up the NEW world”をコンセプトに、ただ愛することや信じることが、世界に光を照らし、悲しみや痛みさえも強さや愛しさへと変えていく力を与えてくれるという真っ直ぐな想いを描いた壮大なバラードソングで、映画主演の東出昌大に「最高の主題歌です。この一言に尽きます」と言わしめたほど。

一方「Fighter」は、どんなに批判されようと、なにを犠牲にしようと、自分は“愛するあなた”への想いを貫くために戦う“ファイター(戦士)” でありたいという強い信念が込められたアグレッシブなダンスナンバーに仕上がっている。

このたび、そんな最新作『Dear Diary / Fighter』の魅力を綴ったオフィシャルレビューが到着した。



悲しみを強さに変える
美しき、歌う戦士

どんな悲しみや痛みも力に変える、切ないほどの強さ。それは安室奈美恵というシンガーの根源的な魅力とも言えるものだが、それをバラードとダンスミュージックという両極のアプローチから魅せてくれるのが、New Double A-SideSingle 『Dear Diary / Fighter』だ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「安室奈美恵、両極のアプローチで魅せる最新作『Dear Diary / Fighter』」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!