0

コウメ太夫「不安だから…」数珠を手放せないワケ

2016年11月14日 17時00分 (2016年11月18日 13時01分 更新)

コウメ太夫(右) 左手も数珠がいっぱい(出典:https://twitter.com/dayukoume)

[拡大写真]

ピン芸人のコウメ太夫は、私服でも舞台衣装の着物姿でも両手に目立つ数珠をつけている。「観客がネタに集中できないよ」と他の芸人から外すように注意されるも、身につけていないと途端に落ち着きがなくなり、ネタを披露するどころでは無くなってしまうのだ。

11月13日放送の『クイズ☆スター名鑑』“この新ネタ本当にしてる? してない?”に出演したコウメ太夫は、同番組ファンにとって思い出深いお笑い芸人である。2012年に放送されていた深夜番組『テベ・コンヒーロ』の「コウメ太夫で笑ったら即芸人引退SP」で彼は紙芝居風の「チクショー1週間」ネタを披露し、有吉弘行おぎやはぎらを大爆笑させた。あれから4年。今度は日曜ゴールデンの時間帯に、コウメ太夫は新ネタ「コウメモン」(アニメ・ドラえもんのパロディ)を提げて登場した。

舞台に立ったコウメ太夫はお馴染みの白塗りにヒゲを6本描き、水色のスイムキャップと同色のスーツでドラえもん“らしさ”を表現している。ジャケットの下にはドラえもんの四次元ポケットらしきものもあった。

クイズの解答者である芸人らはコウメ太夫のネタよりも、右手首の数珠に目がいったようだ。ネタや衣装に全くそぐわない存在感のある、立派な数珠だった。そのため彼がヒラヒラと手を動かすたびに目に入り、「(観客がネタに)集中できない」「数珠が怖い」と解答者から批判の声が続出。よく見ると右手の人差し指には、赤い石が入った太い指輪もはめられている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!