0

フジモン「ピコ太郎にパクられた」に原西一喝「パクったのはお前!」

2016年12月17日 14時54分 (2016年12月21日 12時50分 更新)

フジモン「ピコ太郎にパクられた」に一同総突っ込み。

[拡大写真]

お笑いコンビ・FUJIWARAの“フジモン”こと藤本敏史がピコ太郎の『PPAP』から発想した『PPPP』なるネタが「面白い」と話題になっている。すると、今度は“本家”ピコ太郎がなぜかフジモンの『PPPP』に似たネタを披露し、フジモンが「パクられた」とどうやら憤慨しているようだ。

フジモンと言えばお笑い芸人のネタを真似たりアレンジする“パクリ芸”がお約束だ。そんな彼がAbemaTVで配信される『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』ので「アイハブアペーン、アイハブアペーン」「アーン」「ペーンペーン」と『PPAP』のようなネタを披露して大ウケとなっているさらに「アイハブアペンペン!」「アイハブアペンペン!!」「ウーン」「ペンペンペンペーン!」とバージョンアップして「ペンが長くなるばっかりやないか!」と自分でツッコミ「今度テレビでやろうと思ってる」とやる気満々だった。

10月27日には本家ピコ太郎がYouTube公式チャンネルで『PPAP“LONG” ver.(ペンパイナッポーアッポーペン「ロング」バージョン)』を公開しており、そのなかに「アイハブアペーン」「アイハブアペーン」「ウーン」「ロングペーン!」というネタがある。さらに11月4日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でスタジオ初登場したピコ太郎がその『PPAP“ロング”バージョン』で「ロングペーン!」のネタを全国のお茶の間に披露した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!