0

もう飽きられた?山崎賢人「演技力のなさ」で迎える崖っぷち

2016年12月21日 11時53分

 2017年はすでに『一週間フレンズ。』(2月18日)や『斉木楠雄のΨ難』(2017年中)に出演予定。さらに極めつけとして、“爆死必至”と騒がれている『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(8月4日)では主演の東方仗助を演じる。筋肉隆々でワイルドなイメージをもつ役柄だけに、優男を演じることが多い山崎の起用は、疑問の声が未だに絶えない。

「東方仗助のように喜怒哀楽の起伏が激しいキャラクターは明らかに不向き。山崎の起用は女性ファンの注目は集めるでしょうが、古くからの『ジョジョ』の熱狂的なファンを怒らせるような危険なギャンブルです。”原作破壊”をするような演技を山崎が見せてしまったら俳優としてのポジションも悪くなる。20代前半のイケメン俳優枠は激戦区で、来年以降は北村匠海(19)、成田凌(23)など次世代の突き上げも激しい。映画のヒット作もなく、ドラマの視聴率もイマイチ……という状態がこのまま続けば山崎と言えども俳優生命がピンチになるでしょう」(前出・関係者)

 長年、演技の評価が芳しくない山崎。立て続けのアニメ・漫画実写作で悪評を払拭するのか。はたまた原作のイメージを破壊して原作ファンの怒りを再び買ってしまうのか。2017年は生き残りを賭けた勝負の年となりそうだ。

文・海保真一(かいほ・しんいち)※1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「もう飽きられた?山崎賢人「演技力のなさ」で迎える崖っぷち」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!