坂上忍はいつから「ブス差別」を封印? 昔は「ブスは景色が汚れる」のキチク発言、飲酒当て逃げ事故も

2017年1月5日 11時30分

『スジ論』(新潮社)

 さらに、ひどかったのが、例の「ブス攻撃」だ。もともと彼が再ブレイクしたきっかけは、12年に『笑っていいとも!』(フジテレビ)で「ブスは嫌い」と発言し、毒舌キャラとして注目されたことだった。

 しかし、再ブレイク前の時期に発したブス攻撃は、『笑っていいとも!』での発言とは比べ物にならないほどひどいもの。たとえば、「CIRCUS」(KKベストセラーズ)06年8月号のインタビューに彼はこう答えている。

「ホント、ブスは嫌いですね。同じ空気吸ってるだけでイヤ。この前、親友の結婚式でサイパン行った時に、飲み会で目の前にブス3人組が座ったんですよ。「景色が汚れるから帰れ」って言いましたもん。10分くらい我慢してから言ったんですけど、涙目にはなったものの帰らないんで、頭きて最終的に僕が帰りましたよ。そのブスのひとりがシャネル着てたっていうのが、僕の怒りを助長しましたね。ただのブスもイヤだけど、シャネル着たブスは僕本当にダメ」

 さらにこう畳み掛ける。

「まあ、つまんない美人と面白いブスがいたとして、どっちがいいかといえば、前者はセックスの対象にはなるな。つき合いはしないけど。後者はどっちもないな。つき合うのはもちろん、セックスだってイヤ。なぜならブスだから」

 もはやギャグでもなんでもなく、嫌な気持ちにしかならない差別発言そのものだが、驚いたのはその坂上がMCをつとめる今年1月3日放送の『好きか嫌いか言う時間 新春から超々々大激論SP』(TBS)だった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。