25

『東京フレンドパーク』で木村拓哉が犯した失態にドン引き、ブーイング吹き荒れ中

2017年1月11日 00時00分 (2017年1月16日 23時55分 更新)

医者、しかも外科医役ということで、髪を短く切り手術着を着用しているため首元もガッツリと見えていたが、そこにあの拡散写真のような老齢感はない。木村独特の誰に対しても少し斜に構えたような喋り方や俺様的態度も健在で、要所要所での決め顔や決めポーズも忘れない。見た目にはつっこみどころのない、SMAP解散前と変わらぬいつもの、いつも通りすぎるぐらいの<キムタク>だった。

 しかし一点、やらかしてしまった。番組終盤に行われた<ハイパーホッケー>での木村の態度に、web上では視聴者からのブーイングが吹き荒れている。

 同コーナーにはお笑いコンビ・ホンジャマカのふたりが酉年にちなみ鳥の扮装で登場。このふたりが(対戦相手が女子ふたりの場合は、コンビのどちらかが)ゲストチーム相手にエアホッケーで得点を競うというお馴染みのゲームだ。『A LIFE』チームはまず竹内・文乃ペアが対戦し、苦戦したところで満を持して木村・松山ペアに交替。このゲームに勝つと、それまでトップを走っていた俳優の阿部サダヲ率いる『下剋上受験』チームを逆転して優勝することができ、さらには最後のダーツにチャレンジできる権利を獲得するという、番組内のクライマックスシーンであった。

 さっそうとラケットを持って登場した木村は、当然のように松山の立ち位置を指示した(キーパー扱い)。そして関口宏支配人が投じる最初のパスをいったん手元で止めてから強烈なスマッシュを打ち込み、ゴールを決めて点を取る、という手法を繰り返し、得点を重ねたのである。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 25

  • 匿名さん 通報

    キムタクかぁ~この人ほどSMAPじゃなくなったら魅力0ってね。何だろ他の4人はSMAPじゃなくても変わらず応援できるしそれぞれに魅力あるんだけど、キムタクはもう終わってるかな!

    166
  • 匿名さん 通報

    若々しい姿? 目の下のシワとか隠しきれない感が凄かったけど

    109
  • 匿名さん 通報

    もう慰労会の話いらいよ

    58
  • 匿名さん 通報

    日本は平和 木村のやり方は間違ってないよ

    38
  • 匿名さん 通報

    別にいいと思うけどねー

    36
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!