0

“相撲大好き芸人”に「震えたあ!」 スージョではない森口博子も興奮

2017年2月14日 16時14分

高田川部屋を訪れた山根千佳(出典:http://ameblo.jp/yamane-chika)

[拡大写真]

女性の相撲ファン「スージョ」が急増するなか、バラエティ番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で「大相撲」をテーマに取り上げた。「スージョ」という言葉が浸透する前から熱い相撲ファンとして知られるタレントの山根千佳も女将さん風な和服姿で登場、デーモン閣下お笑い芸人たちと“相撲談義”に花を咲かせる。なかでもこれまでの名取り組みシーンが流れるとVTRにもかかわらずスタジオが興奮に包まれた。

2月12日放送の『日曜もアメトーーク!』には“相撲大好き芸人”のナイツ塙はなわ、キンボシ西田、あかつ、サバンナ八木に加え大相撲に詳しいデーモン閣下、相撲好きなことから大相撲関連のメディアやイベントにまで出演する山根千佳が顔を並べた。この日は歴代力士の名勝負を振り返り、MCの雨上がり決死隊やゲストのアンタッチャブル山崎ブラックマヨネーズ小杉DJ KOOも手に汗握り「すごい!」を連発する。

たとえば、昭和56年1月場所の優勝決定戦“北の湖×千代の富士”の取り組みは「瞬間最高視聴率65.3%で大相撲史上最高」を記録、平成3年5月場所“前頭筆頭・貴花田×横綱・千代の富士”による優勝決定戦では、当時18歳だった貴花田(後の貴乃花)が金星を上げる。その2日後に千代の富士は「体力の限界…」と引退発表するのだ。

また、平成20年1月場所“白鵬×朝青龍”の千秋楽・相星決戦では白鵬が勝利するも、春場所で同じ相星決戦となり朝青龍が雪辱を遂げる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「“相撲大好き芸人”に「震えたあ!」 スージョではない森口博子も興奮」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!