0

オードリーがドン引き!清水富美加が出家前に見せていた奇怪すぎる言動とは?

2017年2月23日 17時59分 (2017年2月28日 10時00分 更新)

 宗教法人「幸福の科学」への出家宣言で注目を浴びる女優・清水富美加だが、過去にテレビ番組で共演したオードリーを戦慄させたことがあったという。

「今回の出家が明らかになる前、ラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』にて、若林正恭が清水と共演した際に、謎の言動があったと明かしていました。それによると、セットチェンジの際、若林は清水に『いくつなの?』と年齢を尋ねたことがあったそうです。すると清水は『16歳です』と返答。その日の撮影は平日だったため、若林は『学校休みなんだ?』という世間話を何度も振ったそうですが、相手は『いやぁ?』としか答えなかったといいます。しかし後で、若林がマネージャーに確認してみると、当時の清水の年齢は16でなく19歳であることが発覚。この意味不明の嘘に強い疑問を持ったと話しました」(芸能記者)

 若林が清水を不思議に思ったのは、この時だけではなかった。その後、コント番組で共演した際も、彼女は謎の行動を繰り返していたという。

「ある日、若林がコント番組の現場に行くと、個室トイレから『ガン! ガン! ガチャガチャガチャ!』とドアノブを異常に回す音が聞こえてきたそうです。そしてようやくドアが開くと、そこにいたのは清水で、若林と目が合うと『おはようございます。あ、本物だ』とつぶやくと再び、ガチャンとドアを閉めてトイレに逆戻り。それからしばらくしてまたトイレから『ガチャガチャ!』と激しい音が聞こえ、ドアから清水が登場すると、今度は『同じ現場の空気を吸わせてもらって光栄です』と囁き、またしてもトイレのドアを閉め、それからずっと閉じ籠っていたそうです」(芸能記者)

 のちに清水は「緊張していたから」と説明したようだが、これらの話を聞いた相方の春日は、「意図がわからなくて怖い」と驚きのリアクションを見せた。この放送時には、まだ清水が出家するなどとは思っていないため、若林も不思議な体験談としてリスナーに明かしていたようである。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!