0

“線路オバサン”松本伊代&早見優のアイドル活動再開に疑問の声

2017年4月22日 18時15分 (2017年4月24日 10時03分 更新)

 喉元過ぎれば‥‥には早すぎませんか?

 今年1月14日に京都府内のJR山陰線の線路に立ち入り、そこで撮影した写真をブログにアップしたことで騒動に。最終的に2月に書類送検、2月12日には謝罪会見まで行ったタレントの松本伊代早見優。2人に悪気はなかったとはいえ、写真にはおもいっきり「立ち入り禁止」の札が写り込んでいるというお粗末ぶりで「いつまで16歳のつもりなんだ!」と一斉非難を浴びたことは記憶に新しい。

 その後、2人は一時的にブログ更新をストップしていたが、3月4日に早見は再開。松本はまだ様子見でストップしたままだったが、4月半ばのここにきて「世間のほとぼりも冷めた」と判断したのか、2人揃っての活動に動きが見えるという。

「『週刊ポスト』が最新号でこの2人プラス、森口博子を加えた3人をドキュメントグラビアで紹介。3人が1月に行った『わが青春のアイドルヒットステージ80’s』の様子を紹介しています。このコンサートは松本と早見が“線路に立ち入った”ちょうど1週間後の1月21日に群馬県で行われたものですが、まさかその後に書類送検されるとは夢にも思っていないですから、2人ともノリノリの表情。おそらくこのグラビア、あの騒動さえなければもっと早い時期に掲載されたのでしょう。しかし、いかんせん書類送検ですし、その後、あの線路内に一般の野次馬が立ち入る行為が増えて問題視されていることから、ボツになってもおかしくなかったはず。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!