0

爆死枠フジの日9に橋本環奈がヒロイン出演! 戦犯にされる懸念アリアリ

2017年6月5日 23時10分 (2017年6月10日 00時55分 更新)

 7月からのフジテレビ日曜夜9時枠の連続ドラマとして『警視庁いきもの係』が制作・放送されることが発表となった。渡部篤郎(49)と橋本環奈(18)のタッグを中心に、三浦翔平(28)、石川恋(23)、清原翔(24)、でんでん(67)、寺島進(53)、浅野温子(56)などが出演予定だが、この枠は裏にTBSの日曜劇場という強敵がいる。現在放送中の『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(主演:観月ありさ)は、初回視聴率すら6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で最新話は4.8%と今クールの連ドラで最も低い数字を記録。対するTBS日曜劇場の『小さな巨人』は、おおむね13%台という安定感だ。

 今クールだけの話ではない。フジ日9枠は、2011年4月クールの『マルモのおきて』がスマッシュヒット。しかし『マルモ』以降、同枠で二桁視聴率を記録する作品はなかなか出ず、2013年1月クールを最後にバラエティ枠に転換。ところがバラエティも数字がとれず、2016年4月から再びドラマ枠に変更して勝負を挑んできた。ただ復活作である『OUR HOUSE』(主演:芦田愛菜、シャーロット・ケイト・フォックス)が3%台で低迷、『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(主演:中島裕翔)と『キャリア~掟破りの警察署長~』(主演:玉木宏)は検討したが6~7%台をうろつき二桁視聴率は遠く、『大貧乏』(主演:小雪)は平均4%台。5作品で一度も視聴率が2桁にすら届いたことがないという爆死ぶりだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!