0

石原真理子が万引き! 広末涼子や秋吉久美子…「プッツン女優」と呼ばれた女たちの奇行

2017年7月30日 15時00分 (2017年7月31日 17時10分 更新)

 1980~90年代にドラマ『ふぞろいの林檎たち』(TBS系)に出演し人気を博した女優・石原真理子が、弁当とお茶を万引きした疑いで事情聴取を受けていると報じられた。石原はかつて「プッツン女優」と呼ばれており、とっぴな行動がたびたび注目を集めていたが、「プッツン女優」と呼ばれた女優はほかにも数多くいる。

「『プッツン』という言葉自体は、そもそも片岡鶴太郎お笑い芸人として活躍していた頃にはやらせた言葉で、石原はその元祖ともいえる人物です。今回の事件が起こったのは都内コンビニでのこと。弁当とペットボトルのお茶を持って会計せずに店から出ようとしたところ、気づいた店員が通報して、駆け付けた警察官に連行されました。石原は自分でも容疑を認めています」(芸能ライター)

 現在CMやドラマで活躍している広末涼子も一時は“プッツン行動”が話題になった女優の1人。

「広末の行動で特に話題になったのは、2001年に報じられた『タクシー事件』です。当時交際していた俳優の金子賢と朝まで都内のクラブで遊び、その後ドラマの現場だった千葉県白浜町までタクシーで移動しました。しかし財布にお金はなく、4万円もの無賃乗車をしています。さらに同年は仕事のドタキャンも報じられており、『奇行が目立つ』『情緒不安定』といった声が上がっていました」(同)

 また女優の中には、活動休止中の奇行が取り沙汰されている人物も。藤谷美和子は、芸能界で活躍していた当時からプッツン女優と言われていたが、その行動は活動停止中の現在も発揮されているようだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!