0

松田龍平、将棋に熱中?!「魅力に引き込まれています」

2017年8月17日 08時00分 (2017年9月5日 09時11分 更新)

将棋界に奇跡をもたらした異色の脱サラ棋士・瀬川晶司五段の自伝的小説「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)の映画化が決定、8月末よりクランクインする運びとなった。

監督には、自身も将棋のプロを目指した過去を持ち、17歳まで新進棋士奨励会に所属していた経験がある豊田利晃

主人公の瀬川晶司を演じるのは『舟を編む』で第37回日本アカデミー賞・最優秀主演男優賞ほか数々の賞を受賞し、豊田監督作品には『青い春』『ナイン・ソウルズ』『I’M FLASH!』と出演を重ねてきた松田龍平

『青い春』以来16年ぶりに、単独主演として豊田作品への出演となる。また、主人公のプロ棋士編入試験を陰ながら支える親友であり最大のライバル、鈴木悠野役にはプライベートでも松田と親交の深い人気ロックバンド:RADWIMPS野田洋次郎が抜擢!

幼い頃から将棋一筋で生きてきた男が、「26歳の誕生日を迎えるまでに四段昇格できないものは退会」という新進棋士奨励会の規定により、26歳にして人生の目標を失い社会の荒波に放り出されるも、周囲に支えられながら再び夢を実現させるためにひたむきに挑戦していく姿は、感涙必至。

5月から松田、野田両名ともに瀬川五段指導のもと、将棋の指し方、棋譜の読み方を学び、8月末のクランクインに向けて着々と準備が進んでいる。互いに数々の作品を経て研鑽を積んできた豊田監督と松田とのタッグにも期待が高まる。

松田は映画について、「映画『泣き虫しょったんの奇跡』をやらせて頂く事になりました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!