0

真木よう子は誰に騙された?人気女優を利用した”怪しいプロジェクト”の顛末

2017年9月8日 19時53分
雑誌『Quick Japan』の元編集長で、真木のプロジェクトを手土産に9月から『CAMPFIRE』の顧問就任が決まっていたともいわれています」(前出・関係者)

 真木が批判される発端になったあなりに高額な資金調達額も当初から”きな臭さ”しかない。

「企画を大きくプロモーションしたいCAMPFIREと北尾氏が最初の3000万円というのを決めた。それでありながら真木さんにはほぼノーギャラに近い提示だった。真木さんがマンガ好きだということで利用されたんです。世間知らずの女優を”自由な表現”などという甘言で御輿に担ぎ上げ、いざ炎上すると”責任はない”とまでに言い訳をする。その業界ゴロのようなやり口に、真木さん自身がようやく気付いたのが、ツイッターでの『????騙された????』のタイミングだったのです」(前出・関係者)

 真木よう子はどのようにして食い物にされていったのか。関係者の声を集めると、実に巧妙な手口で真木がそそのかされていったことがわかる。明日に配信する次回の記事で詳しく真木よう子騒動の舞台裏をさらに追ってみたい。

【短期集中ルポ:真木よう子は誰に騙された?人気女優を利用した”怪しいプロジェクト”の顛末①】

※続きはこちら

文・麻布市兵衛(あざぶ・いちべい)※1972年大阪府出身。映像作家、劇団座付き作家などを経て取材記者に。著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「真木よう子は誰に騙された?人気女優を利用した”怪しいプロジェクト”の顛末」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!