0

視聴率2ケタ台に返り咲きも、カンナの大言壮語ぶりにウンザリ!『カンナさーん!』第9話

2017年9月13日 23時30分 (2017年9月14日 23時30分 更新)

 お笑いタレントの渡辺直美が超ポジティブなシングルマザー役で主演を務めるドラマ『カンナさーん!』の第9話が12日に放送され、平均視聴率10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前回から2.2ポイントアップで2ケタ台に返り咲きました。

 さて、まずはこれまでのあらすじを少し。前回、ファッションデザイナーとして働くブランドの撤廃が決まり、出張の多い生産管理部への異動か退職かを人事部から迫られてしまった河東カンナ渡辺直美)。その一方、プライベートでは元夫・鈴木礼要潤)と息子・麗音(川原瑛都)が、礼の幼なじみ・緒川俊子泉里香)と急速に仲良くなっていく姿を見て、「あたし、(仕事でも家庭でも)全部リストラだ」と珍しく落ち込む姿を見せました。

 一時は「礼と麗音をよろしくお願いします」と俊子に頭を下げ、独り身になろうと決意するほど深刻に思い悩んだカンナですが、麗音からの「ママのことが0番(俊子よりも)好き」という言葉で復活。さらに、麗音との時間を大切にすべく退職することを決意したところで前回は終了となりました。

 さて、ここからが今回。意気揚々と残務処理に励むカンナに、上司の片岡美香山口紗弥加)から救いの手が差し伸べられます。美香の異動先の新ブランドに一緒に異動できるかもしれないと言われるのです。わずかな希望を抱いたカンナは、その答えが出るまで販売部の手伝いをすることに。さらに、自分の存在意義を見いだせず、現在モデルの仕事を休業中の俊子も誘うことにします。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!