0

ABC・yasu活動休止から海外療養へ プロデューサーが病状を報告

2017年9月14日 17時32分 (2017年9月16日 14時36分 更新)
ヴィジュアル系ロックバンド・Janne Da Arcのボーカルyasuのソロプロジェクト・Acid Black Cherry(通称ABC)のプロデューサー菊池真太郎氏が13日、8月より体調不良のため活動休止中のyasuの現状とこれからについて公式ブログで報告した。

「突然ですが、yasuは今、日本にいません」と始めた菊池氏は「ハイテンションな書き出しで始まり、驚かせてしまったかもしれませんね。すみません」としながらも、活動休止からのyasuとの日々を報告することをつづった。

yasuとともに複数の医師の診断を受け治療法を検討していたという菊池氏は「今のところ手術はしなくても良さそうですが、治るまでにはやっぱり、それなりの時間が必要」と報告。「頻繁に患部に触れていたり、ときおり腫れていたりするのを見て、推察することぐらいしかできないし、彼の苦しみを本当の意味で共有してあげられないのが、とても悔しいです」と心境をつづった。

しかし、天候によってyasuの病状が変化することを受けて「yasuの体は、どんな天気予報よりも正確だね」「治ったら、俺のこの特殊能力も失くなっちゃいますね」など「深刻になり過ぎていたり、悲壮感が漂っているわけでもなく、こうして冗談を言い合ったりもしている」雰囲気も共有した。

続けて「どのお医者様も、まずはゆっくりと休養を取ることが大切」「心と体が緊張していては、治療の効果も半減してしまう」という診断がある中「なかなか完全には仕事を忘れる」ことができず「早く治さなきゃという彼の焦り」につながっていると語った菊池氏。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!