1

あびる優の「家事育児休暇」に非難轟々、「母親の悲鳴=あり得ない」なんて窮屈すぎる!

2017年9月20日 18時50分 (2017年9月25日 19時17分 更新)

 9月17日の深夜、あびる優(31)が自身のブログとInstagramに「私、意を決して、悩みに悩んだ結果、数日間、家事育児お仕事の夏休みを取らせて頂く事にしました…」と投稿した。この投稿は賛否両論の大きな反響を起こし、あびるはすぐに投稿を削除したのだが、すでにネットニュースで広まり、依然として議論は続いている状況だ。

 2015年5月に第1子となる女児を出産したあびる。SNSは娘の写真で溢れているが、写真に添えられている文章を読む限りでは、以前から子育てで苦労しているようであった。少なくとも、育児の喜びで満ち溢れた不自然なブログめいた内容ではないのである。

 9月17日には「深夜の1人時間も好きだけど、毎日娘に早朝起こされるプレッシャーとの戦い。笑 自分がもう1人欲しい」と投稿。8月27日には娘とお風呂に入る夫の動画と共に「土日は彼にたっぷり娘ちゃんのフォローしてもらいました!! おかげで、友達との時間を満喫出来たり、ゆっくり寝れたり、愚痴をこぼさず心に余裕を持って家事が出来たり、こうゆう事(育児の全面的な協力)をしてもらえると、日頃のストレス発散が出来て、素直にありがとうが言えます」と投稿。7月4日には「31歳初日の朝。寝不足だろうが二日酔いだろうが6時半に起きて家事、身支度、スクールの準備に追われてる自分に成長を感じました」と投稿している。

 さらに5月18日に、あびるは「我が家は基本的に家事育児全般は私担当。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    別に休みたければ好きなだけ休めば良いが、何でそれをいちいち公にするの?そういうのが鼻について反感買ってるのが分かんないのかねぇ。自分が選んだ事なのに被害者ぶるから嫌われる。最近の母親連中は特にそう。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!