0

吉本興業、沖縄にエンタメ専門学校 - ジミー大西「俺も入りたい」

2017年10月5日 15時13分 (2017年10月5日 18時20分 更新)
吉本興業は5日、エンターテインメント業界で活躍するクリエイターを育成する専門学校「沖縄ラフ&ピース専門学校」を2018年4月に沖縄・那覇市に開校することを発表した。認可校としては沖縄発となる。

同校のテーマは"あそぶガッコ"。自分も楽しみながら人を楽しませる"あそぶ力"を育み、国内外で活躍できる人材の育成を目指す。学科・コースは2学科・4コースで、クリエイティブ学科はマンガコースとCG・アニメコース、パフォーミングアーツ学科はパフォーマーコースとプロダクションコース。2年制で、1学年合計80人となる。

入学資格は、学校教育法による専門学校の入学資格に準じており、当てはまらない人は別途相談とのこと。入学試験はなく、願書に名前を記入して郵送するだけで手続き完了。先着80人で、応募者が80人を超えた場合は抽選となる。入学願書受付は10月5日より開始し、今後沖縄県内外で学校説明会を行っていく。

講師にはエンターテインメント業界を牽引するメンバーが名を連ね、マンガコースでは、『週刊少年ジャンプ』の編集長を経て、コアミックスを設立した堀江信彦氏、CG・アニメコースでは、Netflix世界配信作品『火花』のプロデューサーを務めた古賀俊輔氏。また、パフォーマーコースでは、トニー賞を3度受賞したヒントン・バトル氏や、海外ドラマ『HERO』で知られる俳優・プロデューサーのマシ・オカ氏らが務める。

この日、同社の東京本部にて会見を開き、同行理事長の水谷暢宏氏、校長の竹田和夫氏、講師メンバー、また、世界で活躍するクリエイター、パフォーマーとしてジミー大西陣内智則が出席。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!