0

SKE48「復活モード突入」の裏に地元回帰作戦

2017年10月5日 16時57分 (2017年10月5日 20時52分 更新)

9周年前夜祭「ミッドナイト公演」で歌うSKE48(C)AKS

[拡大写真]

 アイドルグループ「SKE48」が5日、劇場デビュー9周年を迎えた。AKB48初の姉妹グループとして2008年、名古屋・栄に誕生したSKEは12年から3年連続でNHK紅白歌合戦に出場するなどブレークを果たしたが、15年に人気ナンバーワンの松井玲奈(26)が卒業してからは“停滞”モードに…。しかし今年に入ってからCD売り上げや動員力が再び上昇に転じている。SKE復活モード突入の理由とは――。

「こんなにお客さんが入るとは。SKEはやっぱりすごいね」。7月30日の中日阪神戦後にナゴヤドームで行われた盆踊りイベントを見た中日関係者の間からは驚きの声が上がった。中日は7連敗中だったにもかかわらず、この日は3万5000人を超える満員のファンが詰めかけた。松井珠理奈(20)らSKEメンバーが参加する試合後のイベント目当てにペンライトやうちわを持ったSKEファンが大挙して駆けつけたことが観客動員アップにつながった。

 14年にナゴヤドーム(3万3000人)、15年には豊田スタジアム(4万5000人)でのコンサートを満員にしたSKEは「名古屋のアイドルの中でも動員力はずばぬけています」(地元テレビ関係者)といわれている。だが、そんなSKEも2年前からは停滞ムードが漂った。玲奈の卒業、冠番組の終了、48グループ内でのAKB優先システムに対する不満などが重なって、それまでのファンが乃木坂46などに流出。昨年、発売した2枚のシングルは玲奈卒業前よりも大きく売り上げを落としていた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!