0

テレビ界が水面下で繰り広げる引退・安室奈美恵争奪戦

2017年10月5日 23時00分 (2017年10月6日 22時52分 更新)

(提供:週刊実話)

[拡大写真]

 歌手・安室奈美恵が40歳の誕生日を迎えた9月20日、自身の公式サイトで突如、引退することを公表した。引退日は2018年9月16日の日曜日という期日指定までなされていた。この一報に、蜂の巣を突いたような騒ぎに見舞われているのがテレビ界だ。
 「今回の引退情報について知っていたのは、本当に限られたごく一握りのスタッフだけ。安室に近い関係者と所属するレコード会社の幹部数人のみでした」(芸能事情通)

 最近、CDの売り上げ枚数は以前に比べて減ってはいるものの、多くの熱狂的ファンを抱え、コンサートを催せば即完売というドル箱スター。すんなりと引退が決まったわけではなかったようだ。
 「そもそも安室は以前から引退願望があった。それでも定期的にコンサートを開催することで、何とかテンションを保ってきたそうです」(音楽関係者)

 安室に劇的な変化が見られるようになったのは'15年1月頃のこと。デビュー以来23年間、所属していた事務所から独立後、雰囲気が激変してしまったという。
 「親しいスタッフに対し『40歳で引退したい』と具体的な日にちを言うようになったそうです。食事をする際やコンサートの打ち上げ時にも話すようになっていたんです」(芸能記者)

 そんな安室が、自分の変わらない意志をレコード会社幹部の前で伝えたのは、8月のことだったという。
 「安室から『引退』の2文字を聞いた時、『ああ、ついにこの日が来たな~』と思いました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!