0

本田真凜、シニア初戦優勝の裏に「神」と呼ばれる靴職人の技

2017年10月7日 06時00分 (2017年10月7日 17時10分 更新)
フィギュアスケート選手の本田真凜が7日、テレビ東京系特別番組『アッパレ!日本の縁の下さま~隠れたスゴい職業応援バラエティー~』(11:03~)に出演する。

同番組は梅沢富美男がテレビ東京で初MCを務め、大相撲、フィギュアスケート、政治家など今話題の職業で活躍する著名人を影から支える人たち「縁の下さま」を紹介していく。

番組では、18時半から放送の『木下グループカップ フィギュアスケート ジャパンオープン2017』に出場する本田に密着する。9月のシニア初挑戦では、衣装を忘れてしまったり高地で酸欠になってしまったりしながらも優勝を果たした本田だが、実はその裏でスケート靴の不調というトラブルを抱えていた。

大会へ出発する本田が駆け込んだのは、梅田で小さなスケート用品店を営む店主の元。一見普通の人だが、その職人技は「神」と称えられるほどだという。さらに、イタリアまで本田の"縁の下さま"を辿っていく。

ほか、大相撲の取り組みを支える行司、呼出、床山や椎茸トロフィーの作り方、梅沢劇団の31年前の映像、選挙戦を支える記録部の人々や国会の名前の書いた「氏名標」を作る職人、政治家を支える私設秘書などの様子が紹介される。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!