0

船越英一郎「今年は大変なことがたくさん起きて…」と意味深発言で笑い誘う

2017年10月7日 15時30分 (2017年10月8日 13時40分 更新)
俳優の船越英一郎が6日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われたBS時代劇「赤ひげ」(11月3日より毎週金曜20:00~)の記者会見に、共演の中村蒼らとともに出席した。

同作は、山本周五郎の傑作小説「赤ひげ診療譚」を連続ドラマ化したもので、江戸・小石川養生所を舞台に、武骨で謎めいた医師"赤ひげ"(船越)と青年医師(中村)との交流、そして貧しい患者や市井の人たちの姿を描く。

赤ひげを演じた感想を聞かれた船越は、「山本周五郎先生の名作中の名作で、映像作品としても映画では三船敏郎さんがおやりになり、NHKのドラマでは小林桂樹さんや萬屋錦之介さん、藤田まことさんなど、そうそうたる綺羅星の如くの先達の大先輩たちがおやりになって、しかもすべてが名作ぞろいということで、その作品に挑戦するのは無謀で暴挙なんじゃないか(と思った)」と恐縮しつつも、「でもその暴挙に挑んでいくことは大冒険でもあると自分を鼓舞いたしまして、その大冒険の旅を蒼君や監督、素敵なスタッフ全員で、素晴らしい大冒険ができたのかなと思っております」と胸を張った。

さらに、船越は「今までの赤ひげは、成熟しきったヒーローとして描かれてきましたが、今回の赤ひげは未成熟な未熟者であるという風に演じさせていただきたいと思って臨ませていただきました」と明かし、「平成版の赤ひげは、赤ひげ成長譚というようなドラマになっていると思います。平成版は(これまでの)赤ひげとはちょっと違って、肩肘を張らず、笑いもあれば最後はしっかりと涙を流していただけるような作品作りをみんなで目指したような気がしております」とアピールした。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!