1

真木よう子いじめがヒドイ! 「元夫に長女を押し付けて火遊び」「私生活も大炎上」のウソ

2017年10月17日 23時15分 (2017年10月20日 19時57分 更新)

 コミックマーケットの炎上騒動以降、公の場で姿を見せていない女優・真木よう子(35)の“今”を、10月17日発売の「女性自身」(光文社)が報じている。「私生活も大炎上」と書かれた記事の見出しには、真木が元夫に長女を連日預けて、新恋人と“火遊び愛”しているとある。

 同記事によれば、真木には半年ほど前からイケメン実業家の「A」と交際しているという。A氏はいくつもの飲食店を経営していて、真木はその店の常連だった。主演ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ)の打ち切り、そしてコミケ騒動と災難続きだった真木。その渦中、毎日のように真木の愚痴を聞き続け、励ましていたのがA氏で、のちに2人は交際に発展したという。同誌は、9月中旬の夜、A氏が経営する飲食店に2人が入っていく様子をキャッチしている。

 真木は2008年11月に元俳優の片山怜雄(35)と結婚し、翌年5月に長女(8)が誕生。だが15年9月に離婚し、長女の親権は母である真木が持つこととなった。しかし、現在小学2年生の長女は真木の家からではなく、元夫の片山の家から学校に通っているという。同誌は長女が片山の家から登校する様子も確認している。記事中には、業界内で真木が「育児放棄状態らしい」と噂されている、ともあるが……。

 見出しでは、「真木は恋人(A氏)と遊びたいから、元夫に長女を押し付けている」という印象だが、記事を読むと、だいぶ恣意的な見出しだとわかる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    所詮、「女性自身」の書くことなんて信用してませんが、悪意がありますね。

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!