27

嵐・松本潤&井上真央の破局に、女性週刊誌から「別れてほしくなかった」と悲痛な声上がるワケ

2017年10月19日 19時00分 (2017年10月21日 12時40分 更新)

 長年交際が取り沙汰されてきた嵐・松本潤井上真央について、近頃“破局報道”が相次いでいる。世間的にも公認カップル化していただけに、2人の別れを惜しむファンも多いようだが、どういうワケか「女性週刊誌関係者からも『別れてほしくなかった』と悲痛な声が上がっている」(芸能記者)という。

「10月12日発売の『週刊新潮』(新潮社)が、2人は『完全に関係が終わった』と伝えました。さらに、同19日発売の『女性セブン』(小学館)も、すでに3年前から両者が同席する場は確認されていなかったとした上で、その頃には井上本人が関係者に対して『つきあってない』と明言していたと報じています」(芸能プロ関係者)

 2人は2005年に共演したドラマ『花より男子』(TBS系)がきっかけで交際に発展したといわれている。井上が15年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』で主演を務めた時には、「ドラマが終了したら結婚か?」と盛んに報じられていた。ほかにも、ジャニーズ事務所が「結婚を認めた」という情報が、マスコミ関係者の間に流れたこともあった。

 一方で、16年12月には「週刊文春」(文藝春秋)が、松本とAV女優・葵つかさの親密関係をスクープ。この時点では井上との“二股”が取り沙汰された。

「いずれにせよ、週刊誌にとって松本と井上のカップルは“ネタの宝庫”だったんです。特に女性誌編集部内では、『困ったときの井上真央』といったスローガンが存在するほどでした」(前出の芸能記者)

 このスローガンは、ネタ不足に陥った際、“井上に直撃取材すれば、必ずネタになる”といった意味で使われていたようだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 27

  • 匿名さん 通報

    リセットできてよかったのかも。あまりに二人マスコミにおもちゃにされ過ぎた。これで本人が口開くまでは静かにしてあげてほしい♪

    87
  • 匿名さん 通報

    二人結婚してほしい思ったけど 今は二人が笑顔で生き生きした顔で 仕事してくれたらいい… また素敵な出会いがあってほしい ファンが、がっかりする相手だけは辞めてくれ~

    81
  • ニャニャー 通報

    2人ともそれぞれ幸せになって欲しい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°それまでマスゴミは黙れ!

    78
  • 匿名 通報

    未だに疑問、そもそも2人付き合ってたの?何にせよゲスなゴシップ誌に餌食にされなければそれで良し。2人とも好きな仕事に頑張ってくれればいいよ、これからも応援してるよ。

    65
  • 匿名さん 通報

    ゴシップライター曰く: 「大事なのは事実ではなく量」 「中身や真実はどうでもよく、 多く記事にしてアクセス稼ぐことが重要」 真実でなくても 嵐のネタはアクセス稼ぎや雑誌売るのには うってつけらしいw。

    52
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!