1

山田孝之、34歳初仕事で懺悔 お酒の誘惑に勝てず…

2017年10月21日 18時17分 (2017年10月24日 11時50分 更新)
 
 俳優の山田孝之(34)、歌手で女優の知英(23)、俳優の安田顕(43)、FROGMAN監督が21日、都内で行われた映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』の初日舞台あいさつに出席した。

 日本の低予算フラッシュアニメ『鷹の爪』と、スーパーマン、バットマンなど世界的に有名なキャラクターを抱えるDCエンターテイメントとの超格差コラボが実現した同映画。バットマン役を山田、ハーレイ・クイン役を知英、ジョーカー役を安田が務める。

 低予算の作品とあって、おそろいのTシャツ姿で登壇し、アットホームな雰囲気で場を和ませた4人。「声優のお仕事は2回目」と話した知英は「今回はセリフも多くて、難しいセリフもあった」と回顧。安田は「監督から、私が北海道でやっているローカルバラエティー番組内で、白塗りで巻物を呼んでいるシーンがあるのですが『それをやってくれ』と。こちらはジョーカーができるってワクワクしていたのに『あれでいい』って言われったんです…」と少し寂しそうに話した。

 前日に誕生日を迎えた山田は、同イベントが34歳の初仕事。登壇者、観客たちから祝福を受けると「ありがとうございます」と笑顔で感謝。一方でトークが「○○崩壊した話」に及ぶと「僕はこうみえて慎重で計画的に行動タイプ」と語り「あるとしたらお酒ぐらいかな…」と苦笑いで切り出した。

 俳優仲間を中心に開催されたバースデーパーティーは、朝方まで続く盛り上がりだったようだ。山田は「きょうは舞台あいさつがあるので、午前中から動くから(飲むのは)2時までと思っていたけど、3時までいけるかなと。でも結局、寝たのは6時過ぎです」とマイペースに語り、笑わせていた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    「僕はこうみえて慎重で計画的に行動タイプ」←chihoと希峰の件も慎重で計画的犯行か?クズ野郎が!

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!