0

蒼井優×白石和彌監督インタビュー 蒼井優のモンスターっぷりは「予想以上でした」

2017年10月27日 15時07分 (2017年11月15日 17時06分 更新)
沼田まほかる原作のベストセラー小説を映画化した『彼女がその名を知らない鳥たち』は、クレーマーで自分勝手な女・十和子、不潔で下劣なうえ、十和子に異様な執着を見せる男・陣治(阿部サダヲ)、一見誠実そうな風貌だがとにかく薄っぺらな水島(松坂桃李)、十和子の昔の恋人で自身の出世や保身のためなら女を道具に使うことも厭わない黒崎(竹野内豊)と、"共感度ゼロ"の最低な女と男たちが"究極の愛"に辿りつく様子が描かれる大人のラブストーリー。

自分勝手でどうしようもない主人公・十和子を演じたのが女優の蒼井優。そして、本作でメガホンをとったのが『凶悪』(2013年)『日本で一番悪い奴ら』(2016年)などノンフィクションを原作に社会派エンターテイメントを作り出してきた白石和彌監督。日本の映画界に欠かせない存在である2人に、『かの鳥』の魅力、映画に懸ける思いなどを聞いてきた。

【さらに写真を見る】蒼井優×白石和彌監督インタビュー撮りおろしカット

■「蒼井優のモンスターっぷりに驚きました」(白石監督)

ーー蒼井さんが演じられた十和子は、同居人の陣治の稼ぎをあてにしていながらも、陣治のことを毛嫌いしているという自分勝手で“嫌な女”というキャラクターです。白石監督は何故、蒼井さんにオファーしたのですか?

白石:原作を読んだときに、「映画化するんだったら、絶対に蒼井さんしかいない」と感じました。やってくれるかどうかは別として、まずは当たってほしいと。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!