1

綾野剛、二宮和也との共演で嵐好きアピール「CDデビューは今日ですから」

2017年11月3日 17時47分 (2017年11月29日 13時51分 更新)
映画『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』が11日3日に公開。初日舞台挨拶に主演の二宮和也)はじめ、西島秀俊綾野剛宮崎あおい竹野内豊、西畑大吾(関西ジャニーズJr.)らメインキャストと滝田洋二郎監督が登壇した。

会場はTOHOシネマズ上野。翌日4日の正式オープンを前に、館内全8スクリーンで本作を上映するというスクリーンジャックを行い、全8回の舞台挨拶を行った。

7回めの舞台挨拶は全国125館にも生中継され、二宮の「全国の皆さん、二宮ですよ」の挨拶からスタート。

本作は、70年前に天皇の料理番・山形直太朗(西島秀俊)が考案した幻のフルコースのレシピの謎を、どんな味でも再現できる=絶対味覚“麒麟の舌”を持つ天才料理人・佐々木充(二宮和也)が追う感動超大作。

作中の “気付いて欲しいポイント”についてトークを展開すると、西島は「最後まで観ると、西畑くんを冒頭からまた見たくなると思う。外見もすごい変わるしね。西畑くんは真面目なので相当細かく計算して演じているので、そのへんを見ていただきたいなと思います」と西畑推し。

宮崎は、「満州パートのみんなの衣装がすごく好き。私は最初着物でと登場してそのあとワンピースだったり。あと、西島さんの着ているスーツが素敵で、料理の練習をされた背中の筋肉の感じがよく分かるスーツだったので、料理人の身体を堪能できると思います」とコメント。西畑は「料理を会合に運ぶシーンがすごく重くて10kg以上あるものを運んでいるので手がプルプルしているところ」、綾野は「エキストラの分も含めて料理を自分で作った」と告白した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名 通報

    8回も舞台挨拶するんだ? これって普通? 映画ファンに聞くと、ラストレシピは当初の予想より観客がやや少なめらしい。他の映画に負けそうだって。 ジャニーズの時代は終わったのかな。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!