3

綾野剛、大野智の写真に「ぐっときた」 西畑大吾は仲間に涙

2017年11月3日 13時57分 (2017年11月4日 10時00分 更新)
映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』(11月3日公開)の初日舞台挨拶が3日に行われ、二宮和也西島秀俊綾野剛宮崎あおい竹野内豊、西畑大吾、滝田洋二郎監督が登場した。

原作は、料理番組『料理の鉄人』などを手がけたバラエティ演出家・田中経一氏の同名デビュー小説で、『おくりびと』滝田洋二郎監督が実写化。劇中では2000年代初頭と1930年代、2つの時代が平行して語られ、絶対味覚="麒麟の舌"を持ちながらも料理への情熱を失ってしまった主人公・佐々木充(二宮)が、1930年代の料理人・山形直太朗(西島)が満州で創り上げた「消えたレシピ」に挑む。

“最近泣いたこと”を聞かれた綾野は「WBA世界ミドル級チャンピオンになった村田諒太選手が、チャンピオンになった瞬間は素直に涙が止まらなかったですね」と明かす。「どこか我々の仕事は虚構ですから、アスリートという、本当が起こっていることに対して憧れがあるんですよね」と語り、「だけどこの映画の中でも、よーいスタートとカットの間はノンフィクションだと思っているので。料理も含めて本当が映っているといいな」と願った。

さらに綾野は「『ラストレシピ』の5分割になってるポスターがあるんですよ。それを嵐のメンバーが」と、嵐のメンバーが同作ポスターに掲載された西島、綾野、宮崎、竹野内の顔真似をした写真について触れる。二宮が「それはいいよ」と照れたが、綾野は「俺を、大野くんがやってくれたの。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 3

  • 匿名 通報

    綾野くんの大野智愛が泣ける。2人ともかっこいい

    6
  • 匿名さん 通報

    嵐メンバー自体は、最近もう和気あいあいではなくなってきた。それ助長したのはニノって感じ。松潤もponでケンカ腰だったし。長いグループの典型ヤバイ雰囲気始まったかも。

    3
  • 匿名 通報

    ファンではない一般人から見ると、30代半ばの男性達が和気あいあい、わちゃわちゃしている方がおかしいです。 嵐ファンは彼らを子供扱いしているのでは。中学生の子供がいてもおかしくない年齢ですよ。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!