0

宮崎あおい、美肌透ける衣装で妖精感! 1週間で「すごく泣いた」

2017年11月3日 18時42分 (2017年11月4日 16時50分 更新)
女優の宮崎あおいが3日、映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』(11月3日公開)の初日舞台挨拶に、共演の二宮和也西島秀俊綾野剛竹野内豊、西畑大吾、滝田洋二郎監督とともに登場した。

原作は、料理番組『料理の鉄人』などを手がけたバラエティ演出家・田中経一氏の同名デビュー小説で、『おくりびと』滝田洋二郎監督が実写化。劇中では2000年代初頭と1930年代、2つの時代が平行して語られ、絶対味覚="麒麟の舌"を持ちながらも料理への情熱を失ってしまった主人公・佐々木充(二宮)が、1930年代の料理人・山形直太朗(西島)が満州で創り上げた「消えたレシピ」に挑む。

宮崎は、美デコルテが透けるオーガンジー衣装で、妖精のような佇まいを見せる。最近泣いたことを聞かれると「この1週間くらいすごく泣いていて」と明かした。

東京国際映画祭に参加していた宮崎は、「17年前の自分の作品を上映していただいて」とエピソードを披露。「10年ぶりに監督と再会した時にまず涙が出ていて」と明かす。宮崎は「映画って本当に長いこと愛してもらえるし、14歳の頃の自分がスクリーンの中に生きていて、自分が客観的に一人の少女を見るかのように作品を観ることができたり」と体験を振り返り、「当時観た感覚と31歳になって観る感覚が全然違って、自分の環境や状況によって観方も感じ方も変わるということを改めて感じた」と語った。

これらの「映画に関われていて、本当に心から幸せだなと思う出来事」に、「すごく泣いた」という宮崎。「今日みんなここで集まっていることとかも、5年後10年後、今よりももっと、貴重な時間だったと改めて実感できる」と予想し、「映画っていいなと思っています」と真摯に自身の思いを表した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!