3

『シン・ゴジラ』地上波初登場で人気健在を証明 SNSに“蒲田くん”飛び交う

2017年11月13日 12時34分 (2017年11月17日 10時11分 更新)

スタンプにもなった“蒲田くん”(画像は『ゴジラ ‏2017年11月7日付Twitter「11月12日(日)『シン・ゴジラ』地上波放送カウントダウン!」』のスクリーンショット)

[拡大写真]

映画『シン・ゴジラ』(2016年7月29日劇場公開)が11月12日にテレビ朝日系で放送された。1年以上を経ての地上波初登場ながら、劇場で観た人から初めての人までそれぞれに楽しめたようだ。ツイッターには感想から細かい情報までつぶやかれるなか「蒲田くん」が注目を集めている。

東京湾羽田沖で大量の水蒸気を立ち昇らせたりトンネルを崩落させた海中の巨大生物(ゴジラ)を第1形態とすれば、多摩川河口からはいずるようにして蒲田に上陸する姿は第2形態と呼ばれる。この時はまだ「ゴジラ」とは思えぬルックスで、進む反動によってエラから血しぶきのようなものを巻き散らす。

後に進化を遂げて第4形態となって鎌倉に再上陸した「ゴジラ」の迫力からすると、第2形態はどこか愛嬌が感じられる。視聴者からも「蒲田くんキモかわいいよね」「蒲田くん、娘も私も好きー!!」「寝る前に蒲田くん登場シーンをリピートして笑ってた」とツイートされており「蒲田くん」ファンは多いようだ。

ちなみに品川区で立ち上がって二足歩行となった第3形態は「品川くん」と呼ばれるが、登場シーンが短く「蒲田くん」ほど強いインパクトがないからかあまり使われない。また、JR蒲田駅前ロケに参加したエキストラのツイートによると、全員に配られた演技心構え『蒲田文書』では第2形態を「モナコ」と呼んでいたというが、今となっては「蒲田くん」がしっくりくる。

ほかにも『シン・ゴジラ』に関するつぶやきは多様で、人気ぶりをうかがわせる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    第2形態と呼ばれるゴジラには笑ってしまった。まるで幼児が描いた絵のようだ。ストーリー展開も荒唐無稽でなぜこんな作品が評判だったのかわからない。

    1
  • 匿名さん 通報

    エラのような所から、血のようなものが ドバッと出てきた所とか 大変気持ち悪かった キモ可愛いと、評判だったのか、意外です。 天変地異や有事の時には、あれだけなかなか、決まらないんですね、この国は。

    1
  • 匿名さん 通報

    第二形態が出てきた時は爆笑した。だけど一番インパクトはあった。脚本と人間側の主役はイマイチ。主役の俳優(名前が出てこない)は脇で出てた時の方が光ってた。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!