0

梨花“ブランドの月商1億円”の噂に「もっと」

2017年11月18日 00時03分 (2017年11月20日 00時00分 更新)
モデルでタレントの梨花(44歳)が、11月17日に放送されたバラエティ番組「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)に出演。自身が手がけるブランドの“お金の話”について言及した。

その他の大きな画像はこちら



梨花は2012年、39歳のときにライフスタイルショップ「MAISON DE REEFUR」を東京・代官山にオープン。これが大ヒットし、20~30代女性に人気のブランドに成長、現在は名古屋、博多にも店舗を構えている。特に名古屋店のオープン初日には6時間待ち、4000人の大行列ができたのだとか。

そんなアパレルの分野で大成功を収めている梨花に、坂上忍は「月商1億円っていう噂があるけど?」と質問。

梨花は「年商ってこと? 年商は(月商1億円×12か月=12億円より)もっとですよ」と明かし、さらに「儲けは?」と追及されたが、利益については「そんなに無いんですよ。ビックリしたの。アパレルってお金がかかるから。売上はすっごい大きい数字聞いて『うわ、やばい。うわ、来た。どうしよう』と思ったんだけど、利益は全然。その年商からすると全然少ないです」と、想像するよりずっと少ないという。

ただ、松本人志は納得せず、「でもハワイに移住できるくらいやからな」とツッコミを入れていた。



元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20171146696.html

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!