0

中居正広司会『のどじまん THE ワールド!』裏側密着

2017年11月18日 10時00分 (2017年11月19日 10時00分 更新)

第17回『のどじまん THE ワールド!~2017 秋~』は25日午後7時より日本テレビ系で放送 今回も接戦が繰り広げられる (C)日本テレビ

[拡大写真]

 タレントの中居正広が司会を務める日本テレビ系特番『のどじまん THE ワールド!』。海外からの出場者が“日本語”の曲でのど自慢に挑むという至ってシンプルな内容だが、2011年の初回から17回目を迎え、2012年(3回目)のゴールデン進出以降は平均視聴率12%越えと安定した数字を記録している。ORICON NEWSではこのほど収録に潜入、打ち合わせやリハーサルから番組史上初となる密着取材を試みた。

■“出場者ファースト”リハから盛り上げ和やかな雰囲気に

 事前打ち合わせの席では、統括プロデューサー・瓜生健氏をはじめとして上野尚偉プロデューサー、五歩一勇治ディレクターらスタッフ陣が番組コンセプトから審査方法までを審査員らに丁寧に説明していく。そこで感じたのは“出場者ファースト”という姿勢だ。

 これまで出場者数は211人で参加国数は49の国と地域、応募総数は、4万件以上にのぼる。地球の裏側からわざわざ日本にやってきて収録に参加する人もいる。歌っているとき以外は日本語をしゃべれない人もいるが、日本や日本の曲を愛する気持ちは変わらない。だからこそ、勝敗はともかく最高の思い出をつくって帰ってもらうべくスタッフが全力を尽くしている。

 収録はイベント会場を舞台に観客およそ700人を入れたライブ形式で実施され、普段はなかなか入ることができないリハーサルに潜入することもできた。本番数時間前に行われるリハは無観客のなか出場者が本番同様に歌声を披露するが、そこにいたスタッフが体を揺らして音楽に乗ったり、手拍子したり、歓声を上げたと緊張気味の出場者を和ませる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!