1

『ドクターX』秋ドラマ中間平均視聴率1位を独走! 『陸王』『奥様』上昇

2017年11月20日 10時00分 (2017年11月20日 21時10分 更新)
10月スタートの秋の連続ドラマが概ね折り返し地点を迎え、ここまでの全話平均視聴率トップは、6話平均で20.0%と大台を維持している米倉涼子主演『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)が独走状態だ(視聴率の数字は、ビデオリサーチ調べ・関東地区 ※以下同)。

○2017民放秋ドラマ中間平均視聴率ランキング

『ドクターX』は、今作で第5シーズンに入った人気シリーズで、新たに草刈正雄陣内孝則永山絢斗といったキャストが加入。第1話で20.9%とロケットスタートを切ってから19%台をキープし、第5話・6話も連続で再び20%を突破した。放送前から注目を集め、マイナビニュース調べの秋ドラマ期待度ランキングでも1位となっていた。

2位も、人気シリーズの水谷豊主演『相棒season6』(テレ朝系、毎週水曜21:00~)で、安定の15.6%。同局系では、17シーズン目に入った『科捜研の女』(毎週木曜20:00~)も11.4%と2ケタをキープし、6位に入っている。

そんな中で、3位の『陸王』(TBS系、毎週日曜21:00~)は、きのう19日放送(30分拡大)の第5話が16.8%で自己最高を更新し、初回の14.7%に比べて現時点の全5話平均が15.1%に上昇。「日曜劇場」得意のクライマックスに向けた右肩上がりに期待がかかる。

そして注目は、綾瀬はるか主演の『奥様は、取り扱い注意』(日テレ系、毎週水曜22:00~)。初回視聴率は11.4%で6位だったが、第5話で14.5%を記録するなど堅調で、現時点の全7話平均は12.3%で4位に浮上した。

現時点の全話平均が初回視聴率を上回っているのは、『陸王』『奥様、取り扱い注意』の2作品のみとなっている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    ウジテレビなんか眼中無しwww

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!