0

三田佳子の次男・高橋祐也が元乃木坂46への暴行事件…不祥事でしか名前を聞かない「誰それ?」感と「母親の責任」論

2017年11月22日 00時00分

 三田佳子(76)という人は、やはり恐ろしいほどの存在感を放つ女優だ――。筆者は、2017年の春クールに放送されていた連続ドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系)の第一回目の放送を観たときに改めてそう感じた。三田は天涯孤独の老人・白河民子に扮したのだが、最初観たときにはすぐにそれが三田であるとわからなかったほど地味でひどく年老いた見かけであった。ぼさぼさの白髪頭に化粧っけのない顔。生きるのに疲れた老女のようにしか見えなかったのに、主演の天海祐希と取調室で対峙するクライマックスで空気は一変。女の情念をにじませる、凄みある演技を見せたのである。筆者はこのドラマを全話通して鑑賞したが、結局は三田出演のこの回が一番印象に残っている。

 テレビ画面やスクリーンの中では女優の中の女優といえるような特別な存在感を放つ三田だが、その私生活は次男に振り回されっぱなしである。三田の次男は元俳優でミュージシャンの高橋祐也(37)。これまで覚せい剤がらみで3度の逮捕歴がある。一度目の逮捕は高橋がまだ18歳で高校在学中だった1998年のことであり、当時の三田は人気絶頂で高い好感度を誇る大女優として映画やドラマで活躍中であった。だが次男・高橋の逮捕で一転、三田は世間からバッシングの対象になる。というのも、三田は高校生の息子に月50万円の小遣いを渡しており、三田夫婦が高橋を極度に甘やかしていたことが発覚したためである。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「三田佳子の次男・高橋祐也が元乃木坂46への暴行事件…不祥事でしか名前を聞かない「誰それ?」感と「母親の責任」論」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!